久しぶりに、ITOYA荒町ラウンジに訪れる。