top of page

『建築作品紹介-7【カテゴリ:住宅】陽のあたる縁側の家(2022新潟市中央区)』


市街地であっても平屋は可能。

変形地であるからこそ平屋向き。

その名の通り街の屋込みの隙間から、プライバシーを保ちつつ、最高の陽当たりを確保している。

家庭菜園の活用でオーガニックな理想の食生活も続けられているようだ。




bottom of page