top of page

『娘のもとへ。』

僕は自分の作品を我が子のように思って、建物が完成した後も関わっている。

今日も娘(花むすび(家族葬))が健康で頑張っているか顔を見に。

窓辺の設え、案内看板の工夫、玄関周りのアイディア出し。ちょっとお掃除も手伝って、、、過保護にならない程度に一緒に育てます。

大切なのは、50%の愛情と、50%の無関心。






تعليقات


bottom of page