top of page

『太陽に果てしなく近い炎の色です。』


FARADAYさんから以前送って頂いた、蜂の巣を溶かした蜜蝋のキャンドル。 大切にチビチビ使っていたが、ついに本日使い切る。 改めて「質」の大切さを実感。 灯すと太陽に果てしなく近い炎の色と言われ、 すすが出ないで大気中に戻る。 芯を綿100%にしているかららしい。



Commentaires


bottom of page